(仮)出会いは奇跡で縁である ~ 素人がまとめる音楽とオーディオ

我が家の音楽・オーディオ事情をまとめます。

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
音楽とオーディオに人生の全てを捧げる夫・えむさんと、プリンセスプリンセスが大好きなこと以外は音楽オンチの妻・ぶー。
「音楽格差婚」に歯止めをかけ、共通言語を持つため、乱雑なアナログやCDを整理するため、ぶーが立ち上がる。
No music No audio, No life!・・・と、果たしてなるのか?

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Tapestry ~ Carole King

2009.05.27

category : SACD ロック

給料日の月曜、我が家でおなじみになった紙袋から、
大量のアナログに紛れて出てきた(ものと思われる)。

Carole King(キャロル・キング)のTapestry(タペストリー:つづれおり)

tapestry.jpg

いつも通り、勝手に選んで勝手にかけ始めたので、よくわからなかった。
1曲目は「ふうん」と聞き流したけど、2曲目でピピっと反応。
おっ、私も知ってるぞー。
そして3曲目、これも知ってるぞー。
ていうか、大概知ってるぞー。

リマスタリングの国内盤SACDなので、2000年に発売されたものですが、
オリジナルは1971年。アラフォー。
しかし相変わらず、懐かしさもありつつ、新鮮で、音楽ってすごいなあ。
(ひょっとすると、音質の問題なのかしら)

なんだか、カーペンターズに雰囲気が似てるかなあ。
ゆらりゆらりと、ていねいではっきりとした、リズムと楽器と声。
ブルースっぽかったり、ジャズっぽかったり、ゴスペルっぽかったり、
どれも心にじんわりと染みてくる。

けれど、なんだろう、このさみしい、悲しい感じは。
得体の知れない不安、辛さ、というか。
後半、持ち直して元気になってきたみたいだけど、
(一応)同じ女としては、ほっとけないけどほっとかないといけない、
上へ下へとぶれる微妙な心境が切々と底辺を流れてる。

あ、そうだ、これ国内盤だった。
ということで、ライナーノーツと日本語訳を斜め読みする。

・・・なるほど、そうなんだ。
21歳の時に出会えてたらなあ。惜しかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。