(仮)出会いは奇跡で縁である ~ 素人がまとめる音楽とオーディオ

我が家の音楽・オーディオ事情をまとめます。

プロフィール

ぶー

Author:ぶー
音楽とオーディオに人生の全てを捧げる夫・えむさんと、プリンセスプリンセスが大好きなこと以外は音楽オンチの妻・ぶー。
「音楽格差婚」に歯止めをかけ、共通言語を持つため、乱雑なアナログやCDを整理するため、ぶーが立ち上がる。
No music No audio, No life!・・・と、果たしてなるのか?

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Give it Up ~ Bonnie Raitt

2009.05.23

category : アナログ ブルース

ジャケットは女優さんのようなお姉さん。
今夜は、Bonnie Raitt(ボニー・レイット)のGive It Upです。

Give it up

カシミヤマフィアというアメリカドラマに出演してたミランダ・オットーに、
なんとなく似てるような気はするけど、
こっちの方が色っぽくてかっこよくて媚びていない。
なんというか・・・荒んでないジャニス・ジョップリンみたいな。
(ジャニスを否定するつもりはないです、大好きだし)

1972年に発売されたオリジナル盤なので、
ジャケはさすがに年季が入ってます、まあるく色がはげちゃってますが、
緑ラベルの中身の状態はなかなかです(ビスコで磨きあげたのもあるけど)

Give it up Vinyl


ジャケの見た目通り、曲も色っぽくてかっこよくて媚びてないです。
ギターの弾く感じと、流れるメロディが、優しくて軽くて、
声の雰囲気にもよく合ってて、耳に気持ちいい。
実際に楽しそうに気持ちよく演奏してんだろーなーって、羨ましくなってくるし。
曲ごとにちょっとずついろんな音が入ってくるので、
こっちも楽しくて、聞いてて全く飽きてこない。

ジャケットの裏の、一番最後のこの一文。

This album is dedicated to the people of Noth Vietnam
and the loving memory of a dear friend, Fred McDowell.

(このアルバムを北ベトナムの人々と
親愛なる友人フレッド・マクドウェルの深い愛の記念に捧げる)

政治的な活動も精力的にやっていたというお姉さんの人柄と、
1972年という時代を感じさせる。
深いなあ。
スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。